読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここに確かに存在している感情の証明

箱推しの村上担。特に三馬鹿に湧きがち。

35歳♡渋谷すばる生誕&エイト全国デビュー12周年を祝う

こんばんは、ゆづきです。
ちょっと過ぎてしまいましたが、横担の友達と一緒に東海林先輩お疲れ様並びに渋谷すばる生誕&エイト全国デビュー12周年おめでとうの会を開催して参りました(長い)
お馴染みのビックエコー→トリキコースですw

f:id:the-fatal-believer-dir1012:20160926191619j:plain

名前プレート付きのケーキを持参、DVDに焼いたONを垂れ流しにして騒ぎ、友達が持って来てくれたFIGHTコンDVDを観てまた騒ぎ、エイトを歌ってまたまた騒ぎ…トリキに移動してひたすら語り合いw
いやぁ、すこぶる楽しかった。
ひとつ残念だったのは、ヤス誕のときにケーキを買ったお店に寄るタイミングがなくて予約できず、違うお店になってしまったこと…。
でも美味しかったから良かった(*´・ω・)(・ω・`*)ナ-

改めて、東海林先輩もといヨコ、連ドラお疲れ様でした♡
遅くなってしまったけど、すばる君お誕生日おめでとう♡
エイトさんも全国デビュー12周年おめでとう♡

すばる君が35歳か…時折初老が降臨することはあるけど、それでも見た目年齢は全然若い。
友人からたまに送られてくるjr.時代の画像とか何度見もしちゃうくらい美形だし。

ジャニーズに全く興味のなかった私でも、昔から「渋谷すばる」って名前だけは知っていた。
どんな顔なのか、何をやってるのかは全く分からなかったけど…でも全然畑の違うV系界隈に生息していた私ですら名前に聞き覚えがあるんだから、やっぱり相当有名だったんだろうな。
そしてきっかけが何だったのかは全然思い出せないんだけども、あんまりいいイメージを持ってなかった。
テレビで何か観たのか、それとも人から聞いた何かなのか、すばるって名前しか知らないはずなのに好きじゃなかった。
前にどこかで、昔はエイトのコンサートに行ったらまず最初にすばると亮ちゃんの機嫌がいいかどうかを確認してたみたいな話を見掛けて、若い頃はムラがあったのかしらんなんて思ったけど。
でもイフオア堕ちで村上担になり、エイトに興味を持つようになって初めて「あ、渋谷すばるって関ジャニ∞だったんだ」って知って、そこからすばる君に堕ちるまでは早かったな(´・×・`)
初めて買ったアルバムがパッチで、ソロ曲のRevolverがドツボ過ぎたのと、MUSIC FILMで見せたアーセナルが非常に素晴らしかったのもある。
目の表情の作り方が細かいというか、目蓋を伏せたり顔に影が差すのも計算ずくっぽいんだけど自然だし、何よりも鋭い刃みたいな尖った部分と儚い脆さが同居していて、そんな不安定さにとても惹かれる。

とはいえ、最初は何故か昔から持っていた負のイメージがあったから難しそうな人だな〜という印象だった。
果たして私は彼を受け入れられるだろうか…と不安だったけれども、バラエティで見せる笑いのセンスと自由な言動、メンバーと戯れているときの笑顔、ファンに「eighter」という名前を付け叫んでくれていること、音楽に対しての真摯な姿勢、一気に惹き込まれる歌声、言霊使えるんじゃね?と思ってしまうくらい心にズドンと響く言葉を発する瞬間などを知り、私の中にあった不安は完全に消えた。

何度も書いてるけど、特に精神的にきたのは

「ここにだけ偽りがないよ」*1(韻踏ィニティ/元気が出るCD収録)

「6人だろうが7人だろうが8人だろうが、俺らは今ここでできることをやるだけ」(元気が出るライブ収録)

「本当は怖くて誰より弱くて、それでもただ前に進まなければ」(ONE/F・T・O収録)

今となってはネットで調べられる範囲くらいでしか昔の彼のことは分からないけれども、様々な枷というか何というか、普通の一般人では想像もできないような困難や葛藤を経てきたんだろうなと思いを馳せる。
きっとこの人は嘘をつかない、混沌とした世界の中で出来る限り真っ直ぐに、正直に生きてるんだろうなと感じるのだ。
そしてすばる君の言葉自体も非常に心にくるが、誰かが書いた詞でも彼が歌うと涙が出るんだから凄い。

wander

(こんなふうに笑えてたんだ)
(思い出せば答えはあった)
そう、大切な物 俺は綺麗な花を咲かせたかったんだ

蒼写真

(時計の針があの頃まで もう一度戻ったとしても)
きっと同じ道を選んで 悩み歩いてきただろう

this moment

永遠なんていらない
ただ痛いほどの情熱は
嘘じゃない、そばにいて

侍唄

同じ季節をただ感じたい
はなれていても はなれてても

オモイダマ

きっと不安や孤独に襲われることもあっただろうけど
忘れないで君は
ひとりじゃないんだよ 今も明日もきっと

すばる君にはこれからも、自分の歌を歌い続けてほしい。
音楽業界は昔からただ消費されるだけの歌で溢れているけど、彼の歌声はそうではない、確実に残っていくものだと思う。


そしてエイトさん!これからも色んなことで私共を驚かせて下さい。
7人と出会ってからは死ぬほど笑ったり、感動で号泣したり、カッコイイ一面に撃ち抜かれたり、とにかく感情ぐっちゃぐちゃに掻き回された半年間だったw
12年の歴史のほんの一部しか私は知らないし、もっと早く知っていればと後悔することもよくあったけど、でも私はこれからのエイトさんを応援していけることが純粋に嬉しい。
お金と時間がかなーり持っていかれるようになったけどw
でもエイトさんを知ってから確実に自分の見えている世界が素晴らしいものに変わったし、元気付けられることで色んなことを乗り越えられたり立ち向かっていけたりするようになった。
君たちのいない人生など、ありえナイナイナイナイあいらぶゆーなのだよ←

7人にとって幸せな一年になりますように(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜


あ、台風の中フラゲしたすばる君のソロコンDVDの感想はまた改めて書きます。
書けたら…ですけど。
いや、私の乏しい語彙力と表現力で説明できるか不安なんですよ…。

*1:正確な表記は「ここにダケ偽りガ無イ世」