ここに確かに存在している感情の証明

箱推しの村上担。特に三馬鹿に湧きがち。

初めましてのご挨拶

 

初めまして、ゆづきと申します。

今更ですが関ジャニ∞さんにハマり、勢いで10年ぶりにブログを始めるという行動に出てしまった、いい大人です。音楽、映画、ドラマ、小説、漫画などカルチャー大好きです。

ちょっとだけ自己紹介を→

10代~20代半ばまでバンドでボーカル&キーボードをやってました。その頃好きだった音楽は完全ヴィジュアル系でした。初期Dir en greyGazette、ナイトメアなどなど。クラシックメタルも聴いていて北欧バンドのNight wishは今でも好きです。

今は趣味で音楽サークルに所属し、キーボードを担当しています。初めてキーボードを手にしたのは中学生の時。当時好きだったGLAYTAKUROさんが「HAPPINESS」という曲のMVでキーボードを弾いているのを観て、自分も弾きたいと思い教則本を買って練習し始めたのが始まりです。人生で初めて両手で弾けるようになったのはLUNASEAの「I for you」でした。

お笑いも好きでよくバラエティ観ます。大喜利大好きです。

あ、長くなってしまった…|д゚)

 

関ジャニさんでは村上君が好きです。もう少し、きっかけについてお話しをさせて頂きたいと思います。

私はもともとマツコさんが大好きで、二年くらい前からずっと月曜から夜ふかしを観ていました。その時は村上君のことを「面白い人だな~」くらいにしか思っていませんでした。

そんな私に転機が訪れたのは、以前から夜ふかしでちょいちょい弄られていた村上君のひとり舞台、イフオアを観に行ったことがきっかけです。

なんとなく興味があってという動機でしたが、運よくチケットを手に入れることができた私は純粋な村上担の方々に申し訳ないと思いながらも舞台を観劇。そこで私は衝撃を受けるセリフに出会います。

 

※以下、ちょっとネタバレあります※

インタビューのシーンがあるのですが、そこでの一言。

関ジャニを一言で表すと?」→「言葉じゃない、心の中で繋がっているから」

正確には細かいところ間違っているかもしれませんが、ニュアンスはこんな言葉でした。

ネタ的には笑うところ?だったのかもしれませんが、私にはただただ衝撃しかありませんでした。

そんな仲間がいるなんて羨ましいという思いと、今までの村上君を作ってきたのは関ジャニのメンバーさんとの時間なのだということ。

村上君はピン芸人でもなければただの面白い人でもない、関ジャニの一員なのだということに気付いたのです。

当たり前だろうがボケという感じですが、恥ずかしながら関ジャニさんの曲をひとつもマトモに聴いたことがなく、村上君がひとりでテレビに出ている姿しか知らない私は、その当たり前に気付きませんでした。

舞台終わり、少しメンバーさんのことについてお話をして下さった村上君がとても楽しそうで、メンバーさんのことが本当に好きなんだなと思いました。

その時、私は村上君が大切にしている方たちのことをもっと知りたいと思うようになりました。好きな人の好きなものを知りたいに似てますね。

そこから今は、目にも止まらぬ速さでズブズブと沼にハマっていっています。

ヒルナンデス卒業SP後、舞台の感想と共に勢いでお手紙を書いてしまいました。こんなに特定の誰かに惹かれたのは久々で戸惑いMax。

幸いなことに私の高校時代の友人にエイタ―さんがいます。LINEで報告したところ、ヴィジュアルバンドにハマっていた頃の私しか知らない彼女はかなり驚いていましたがw

村上君や関ジャニさん中心に綴っていきたいと思います。今はとにかく吸収の期間なので、観るもの聴くものどれもが新鮮で楽しいです。

至らない点も多々あるかと思いますが、宜しくお願い致します(*‘∀‘)

広告を非表示にする